輸入の販売規制について

多くの商品が毎日のように輸出・輸入されています。個人輸入に関しても同じことが言えますが、商品のチェック体制が年々厳しく取り締まられているので、規制に沿ったものしか取引することができないようになっています。

 

特に海外への輸出規制は、文化の違いなどがあり、厳しく取り締まられていることが多く、日本は比較的様々なものを輸入してもいい環境となっています。

 

植物や動物の健康や、生態系の保護の観点から、植物検疫・動物検疫などは非常に厳しくされており、今も火蟻などが問題視されているところでもあります。

 

食品に関しても、添加物などのチェックなど細かな規制があり、さらに、衛生条件・放射性物質に関する規制・残留農薬・医薬品の成分に関する規制・汚染物質が付着していないかどうか・添加物の成分は規制をクリアできているかなど様々な角度からチェックされています。

 

それ以外にも、資源保護に関する規制・宗教上認められないもの・表示ラベルの記載に関する基準・販売者の登録の有無など様々な項目がありますが、もちろん一つでも企画から外れていると輸出・輸入の許可が下りることはありません。

 

個人輸入を利用する人は、販売店で取り扱われているものはすべて日本での規制をクリアできると思われがちですが、日々変わる規制によっては、以前は購入できたものでも、購入できなくなってしまうこともあるようです。